Suzuki Method Piano School 新浦安へようこそ

    新浦安にあるスズキ・メソードピアノ教室です ♪

    Entries

    読書の夏

    子供のころ、本が大好きでした
    図書館大好き
    今でも古い図書館の紙の香りを思い出します

    大人になってからは読書量がぐっと減りました

    最近ではもっと
    ネットの時間はあるのに本読む時間は・・・・

    近くの細かい文字も結構つらい (笑)

    でもこの夏ははもう少し読む時間をとりたいな
    と思っています

    恩田陸のあの「蜜蜂と遠雷」をとても気になりながらまだ読んでなくて
    まずはこれを、と

    ちなみに子供のころから
    私は本を読みだすとそのまま固まって
    読み終わるまで一気、というパターンが多く

    やらなければいけないことがいっぱいあるのに
    すべてが止まってしまうし
    肩もコリコリに 


    意識して
    ここまで! と決めて読むようにしないといけません


    ***

    yuja wangで「熊蜂の飛行」を
    夏バテが飛んでいきそう



    ***


    スズキ・メソードでピアノを、と興味をもたれたらまず、スズキ・メソード本会ホームページにて資料を御請求くださいませ
    それからピアノ科「教室を探す」ページより千葉県浦安市で出てくる当教室の情報一覧から
    お電話、メールにて体験、見学の御予約をお願いします



    お問い合せ・本会ホームページ → http://www.suzukimethod.or.jp/



    にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ




    スポンサーサイト

    ハニホヘトイロ

    「ハニホヘトイロ」 
    これを読んで音階「ドレミファソラシド」とすぐに結びつく人は
    そこそこのお年の方だけかしら?

    私でも小学校の教科書では「ドレミ・・・」
    (イタリア、フランス語読みです これは)
    だったと思います

    今のお母様方はほぼご存じありません

    なんでこのことを書いているかというと

    音名で「ハニホ・・」は使わないけど
    「ト音記号」だとか「ハ長調」だとか
    こういうところでは
    この」ハニホ・・」がそのまま使われているから

    もしこれが「ソ音記号」となれば
    ぐるぐる巻きの記号の真ん中が「ソ」で
    大譜表で「ソ」の音の場所を教えてくれるのよ
    と簡単に説明できてしまい楽なのに
    いつも思うのです

    調にしても同じこと

    さらにめんどくさいことに受験、となれば必須のドイツ音名

    ならば
    今のお子さんたちはアルファベット記号には
    小さいころから親しんでいますから

    「ドレミ・・・」と教えずに
    3歳でもはじめから
    全部ドイツ語ならドイツ語で

    「🄫(ツェー) D(デー) E(エー)・・」

    ト音記号 G-Schlüssel (ゲー・シュレーゼル)
    ハ長調 C-dur (ツェー ドゥア)

    とやってしまった方が関連性が理解しやすいかな?
    とも思ったり

    でも、そうすると小学校の音楽の授業で困りますよね・・・


    何気に昔から悩ましく思うことのひとつです




    ***


    スズキ・メソードでピアノを、と興味をもたれたらまず、スズキ・メソード本会ホームページにて資料を御請求くださいませ
    それからピアノ科「教室を探す」ページより千葉県浦安市で出てくる当教室の情報一覧から
    お電話、メールにて体験、見学の御予約をお願いします



    お問い合せ・本会ホームページ → http://www.suzukimethod.or.jp/



    にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ


    七夕のお願い事

    今週小さい生徒さんのお母様が笑顔で
    「やっとその気になってくれたみたいで」
    とスマホを見せてくれました

    そこには 七夕の笹に「ピアノがじょうずになりますように」と
    書かれた短冊の写真が 

    あらあらうれし 

    習い始めて二回目の七夕になるのかな?
    楽し気に来てはくれるのですが
    超マイペースでまだまだ集中力にムラがあるお嬢さんです

    来年「もっと上手になりますように」と
    書いてくれるように
    押したり引いたり引っ張ったり
    褒めたり怒ったりなだめたり

    色々工夫しながら
    成長を見守りたいです

    毎日暑さが続いて
    プールの授業もあって
    子供たちはちょっとお疲れ気味
    大人はもっとお疲れ気味

    体が暑さに慣れてないのですね
    無理せず労わりながら過ごしたいものです

    リフォームもやっと終わりが見えてきました
    来週にはすっきりきれいで皆様をお迎えしますよ (*^_^*)



    ***


    スズキ・メソードでピアノを、と興味をもたれたらまず、スズキ・メソード本会ホームページにて資料を御請求くださいませ
    それからピアノ科「教室を探す」ページより千葉県浦安市で出てくる当教室の情報一覧から
    お電話、メールにて体験、見学の御予約をお願いします



    お問い合せ・本会ホームページ → http://www.suzukimethod.or.jp/



    にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ



    指使いをうるさく言う理由

    小さい生徒さんのレッスンでは
    基本的な体の使い方を覚えてもらうのが大事ですが
    指使いもとても大事です

    新曲の音取りの時は特にお母様に
    最初が大事だから見てあげてください、とお願いもします

    一度違う指使いで覚えたものを治すのは簡単ではありませんから

    で、なぜ大事なのか、ですよね

    普通作曲家が作曲した曲の原譜には
    指使いなど書いてはありません

    教本などに書いてあるのは
    後から編集の段階でベストな指使いをサジェスチョンしてくれているのです

    もちろん曲が進めば手の大きさなどもありますし
    その指使いだけでなく他の選択肢を生徒さんと一緒に考えたりもします

    でも

    初歩の曲ではもうそれがべスト
    かつ
    標準

    つまりこの音形では普通こういう指の運びをする
    後々何も書いてない曲でもこういう使い方をすれば
    すらっと通せる

    そのパターンを覚えてほしいのです

    だから細かく言います


    ベートーベンの自筆原稿 出版社もご苦労さんって感じでしょうか ・・・・


    tumblr_lzryxgC36o1qb8vzto1_500.png



    ***

    スズキ・メソードでピアノを、と興味をもたれたらまず、スズキ・メソード本会ホームページにて資料を御請求くださいませ
    それからピアノ科「教室を探す」ページより千葉県浦安市で出てくる当教室の情報一覧から
    お電話、メールにて体験、見学の御予約をお願いします



    お問い合せ・本会ホームページ → http://www.suzukimethod.or.jp/



    にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ








    伝える力、聞く力

    今週から昨年に引き続きリフォーム第2弾が進行中です

    更新が滞りがちなのはそのせいです
    片付けとか打ち合わせとかまあ色々あって 

    大体は決まっていても工事中
    細かい打ち合わせや確認が欠かせません

    その際、話がのってきて細かいことになってくると
    内装屋さんからぽんぽんとでてくる専門用語
    これが難敵です

    なんとなくわかったつもりで話をしていると
    どうも違う、と気づいたり

    また

    素人的には簡単そうに思えることが
    実はそうではなく
    強度に問題があったり
    できないことはないけど手間とお金がかかることがわかったり
    (それは困る)

    毎日いろいろ刺激的です

    翻って考えてみると
    私も無意識で使っている言葉が
    専門的だったり
    簡単に表現していることが
    生徒さんには理解しにくかったりすることがあるかな


    わからないことは聞き返さないといけない
    とはわかっていても
    なんとなく進んでいったりするものですから
    教える側も心して伝えなくてはと
    改めて思います


    しばらくむさくるしい状態が続きますが
    もう少し我慢してくださいませ

    作業が終わってもちろんお掃除をして帰られるのですが
    一晩のうちに空中に舞ったほこりが
    そこらじゅうに積もり
    まあ朝の大変なこと 


    ***


    スズキ・メソードでピアノを、と興味をもたれたらまず、スズキ・メソード本会ホームページにて資料を御請求くださいませ
    それからピアノ科「教室を探す」ページより千葉県浦安市で出てくる当教室の情報一覧から
    お電話、メールにて体験、見学の御予約をお願いします



    お問い合せ・本会ホームページ → http://www.suzukimethod.or.jp/



    にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

    左サイドMenu

    プロフィール

    ladyjasmine

    Author:ladyjasmine

    にほんブログ村

    最新記事

    FC2カウンター